杉並区にある訪問歯科診療歴18年、方南歯科医院のウェブサイトです。

厚生労働省認定在宅療養支援歯科診療所

方南歯科医院

-通院できず歯の治療を我慢されている方へ-

03-3324-2099

携帯:090-2440-6067

info@hounanshika.jp
平日・土曜・・・9:00~13:00 / 14:00~19:00 (日曜・祝日お休み)
方南歯科 先生と歯くん

会誌へ寄稿しました

九州歯科大学東京都同窓会会誌に寄稿しました

九州歯科大学東京都同窓会会誌のバックナンバーの中から、院長の梅田が寄稿した回を以下にリンクしました。
ご一読いただければと思います。

新人紹介

お気に入りの歯科材料

マザーテレサの施設でのボランティア体験 / 患者さんから多くのことを学ぶ

自閉というぼくの世界

嚥下障害への対応と危機管理

訪問歯科診療での出会い

カルコーク

大学5年生のとき、母校の在学生を代表し、入試要項に寄稿しました。

「在学生からのメッセージ」専門課程3年 梅田健一郎

我が九州歯科大学は、大正3年の開学以来79年の歴史と伝統を持ち、全国29の歯科大学・歯学部の中でも最古参の大学です。 それゆえに歯科界では重要な地位を占め、歯科6大学の一つに数えられています。また、全国唯一の公立歯科大学であり、我々はそれを誇りとしています。 卒業生は7500名を超え、国内はもとより世界の各地で歯科医療歯学の研究・教育に従事しており、歯科界においては多大な功績を残しています。 従って、歯科医師過剰時代と言われる現在においても卒業後を危惧する学生は1人もいません。我々は自信をもって歯科界において生きていけるのです。

また、本学は生涯教育の場としての環境も整っているので、勤務医や開業医となっても新しい素材や治療方法など日々進歩する歯科医療を大学において修得することも十分に可能です。 これから21世紀に向け、医療技術の進歩と口腔衛生思想の向上に伴い疫病構造も大きく変っていくものと考えられます。 これに対して要求される高度な歯科医療にも十分対応していくことができると思います。

それでは、学生生活について簡単に述べたいと思います。授業は、朝8時50分から夕方4時30分までの4時限です。 気をつけなければならないのは、講義を3分の1以上欠席したとき、又、実習を1回でも欠席すると留年になります。 とても厳しいのですが、学生は、あの手この手を使い適度に手を抜いているようです。(あまり公言してはいけないのですが。)

我が大学では、クラブ活動が盛んに行われ、多くの学生が各クラブに所属しています。 体育系では、全日本歯科学生総合体育大会を始めとして多くの競技会で上位を占めるなど活躍しています。 文科系のクラブにおいても多くのコンクールに入賞し、定期的に演奏会・発表会を催すなど地域文化の向上にも寄与しています。 もちろん、その陰にはOB・OGの暖かい援助があるのは言うまでもありません。また、学校行事も多く、体育祭、駅伝大会そして大学祭とめじろ推しです。

このように、とても多忙な、しかし充実した日々を送っていますが、その中においても多くの学生は家庭教師などアルバイトをしっかりやり、酒代などを稼いでいます。 勉学やクラブ活動等を通して学生相互そして地域社会とのコミュニケーションがスムーズに行われ、学生生活を送るうえでは絶好の環境となっています。

ところで、皆さんは歯科について、どのように考え、認識していますか。 歯科とは、口腔疾患の予防、罹患すれば口腔の生理的・解剖的・機能的回復、改善後はその維持・管理を行う分野です。 特に口腔内の解剖的・機能的回復を図るところに歯科の特色があります。 それゆえにこの点が一般的に強調されがちですが、基礎医学的な基盤がなければ、その本来の目標を達成することはできないのです。 口腔においても全身と深い関わりがあり非常に複雑なのです。 また、歯科はその特色から1917年の歯科医師法改正により医科から法的に独立したものとなりました。 このように歯科医師は口腔の総合医としての地位が確立されているのです。

我が大学を志望される皆さんは、このようなことをよく考え「人生における・・・・・・のときにはDramaticな役割を果たす」口腔の専門家になるという意気込みで臨んでください。 それを活かすには、我が大学をおいて他にはないと思います。必ずや、自分の考えをしっかり持ち、自分の足で人生を歩んでいけると思います。 そして、歯科医療を通して、多くの人々と触れ合い色々なことを学び充実した人生を送ることができると思います。
P.S.人生ゲームの栄冠を勝ち取るのは、あなたです!!