杉並区にある訪問歯科診療歴18年、方南歯科医院のウェブサイトです。

厚生労働省認定在宅療養支援歯科診療所

方南歯科医院

-通院できず歯の治療を我慢されている方へ-

03-3324-2099

携帯:090-2440-6067

info@hounanshika.jp
平日・土曜・・・9:00~13:00 / 14:00~19:00 (日曜・祝日お休み)
方南歯科 先生と歯くん

大切にしていること

お口のケアの
大切さ

お口は、息をしたり話をしたり食べたりと、生活をしていく上で、なくてはならない臓器です。要介護の方にとって、お口のケアは単によごれや痛みを取り除くだけのものではありません。
誤嚥性肺炎の予防に重要であり、義歯の使用などで食が改善することにより、認知症の軽減につながる場合もあり、姿勢もよくなり、統計上寿命が延びることも明らかとなっております。また、歯肉の腫れや出血を引き起こし歯の抜ける原因となる歯周病原性細菌をはじめ口腔内の細菌は、動脈硬化、脳梗塞、認知症、心筋梗塞、高血圧症、狭心症、糖尿病、高脂血症、関節リウマチ、骨粗鬆症、慢性閉塞性肺疾患などへ影響を及ぼすこともわかってきており、この点でも重要です。ひとりひとりのからだの状態に合わせた治療も含めた適切なお口のケアを行うことが、結果として身体と心の健康維持につながるのです。

痛くない安全
な治療

院長の梅田は、大学院で歯科麻酔学を専攻しており、麻酔のエキスパートです。
痛みに敏感な方や、じっとしていることが困難な方などへも、適切な麻酔方法をとることでより負担のない、より安全な治療を行うことができます。長年の訪問歯科診療を行って来た経験と歯科麻酔学(局所麻酔法、全身麻酔法、全身管理法、救急蘇生法、顎顔面部の疼痛治療法などに関する学問)に基づき、より的確な診断を行い、からだの状態を考慮したより安全で効果的な治療方法を提案し、ご相談の上、治療を行わせていただいております。また、多くの全身麻酔や救急蘇生などの経験から、全身状態を瞬時に分析し、より安全な治療を行っております。
今までにも、多くの寝たきりの方や、重い障がいを持っていらっしゃる方、難病や認知症の方などを治療してきた実績があります。

こんな症状はありませんか?

歯のかみ合わせがよくない
⇒歯のかみ合わせがよくないと、虫歯、歯周病、顎関節症などになりやすくなります。また、体のバランスが崩れ、手足に力が入りにくくなったり、頭痛、体のゆがみなどの原因となります。
入れ歯が合わない・入れ歯を持っていない
⇒入れ歯が合わないと、傷ができ、全身に細菌感染を起こす場合があります。適正な入れ歯が装着されていないと、体のバランスが崩れ、手足の力が入りにくくなったり、唾液の分泌量が低下したり、誤嚥を引き起こしたりと、さまざまな箇所に不調をきたします。
食事がうまく飲み込めない
⇒様々な原因が考えられるため、詳細に診査する必要がありますが、脳血管疾患、パーキンソン病、認知症、舌癌の手術後などで、摂食・嚥下障害となることがあります。義歯、顎、口蓋補綴物を調整、補整、改造することで改善することがあります。場合によってはお口のリハビリや、お食事の時の工夫なども必要となってきます。誤嚥、誤嚥性肺炎が心配です。
虫歯ができている
⇒虫歯を放っておくと、著しい痛みが生じます。その後、歯の神経(歯髄)が腐敗し、顎の骨の骨髄や、さらに頬部や顎下部、そして、顎の下の首の方までにも、細菌感染を起こすことがあります。さらに全身に細菌感染を引き起こし、命の危険にまで及ぶ場合もあります。
お口の手入れが思うようにできない
⇒お口の清掃状態がよくないと、お口の常在菌のバランスが崩れお口のバリアが弱くなり、かぜやインフルエンザなどにかかりやすくなります。歯肉の腫れや出血を引き起こし歯の抜ける原因となる歯周病原性細菌などのよくない細菌が増加しますので、それらが唾液とともに肺に入ると肺炎を引き起こすこともあります。また、歯周ポケットなどの別のいろいろな経路からもよくない細菌が全身に侵入し、細菌感染を起こすことがあります。
以上のようなことが全身への細菌感染や低栄養状態などを引き起こし、寝たきりへとつながる恐れがあります。
こんな方

おまかせください!診療可能です。全力で治療いたします。